俺のブログは興味ある事しか書かない

日々平凡な生活を送りながら興味ある事を書くブログに徹する事にしました

油断していると痛い目に合う

2日前、後輩のパソコンがウィルスに感染したという事で

「ウィルススキャンをしたほうがいい」

とか

「データのバックアップして再インストールしたほうがいい」

とかいろいろとアドバイスをしたり、自分がパソコンに導入している

「ESET FAMILY SECURITY」を勧めたりと

午後一から始まったメールから、夜遅くまでメールと電話であれこれ対処法を伝えました。久しぶりに話す後輩とのやり取りがウィルス対策の話なんて・・・。

 

もっと楽しい話がしたかったなぁと思っておりましたが、

ウィルスの駆除をしてあげねばという事で必死に対処法を考え、

後輩へ伝えて終わりました。

 

電話が終わった後は、

「ふぅ~、何とか対処出来そうで良かった。なんか良い事したなぁ~。」

と自分の対処に対して酔いしれていました。(笑)

 

さて、今回タイトルの「油断していると痛い目に合う」なんですが、

まさか自分が掛かるとは思ってもみない事だったので、

ほんと認識の甘さがあったんだなと痛感しました。

 

話は昨日に遡ります。

 

自宅のメインPCに導入している、

「ESET FAMILY SECURITY」はインストールをした初期状態で

「定期的に自動アップデート」が「チェック」されている為、

1時間おきに自動更新が行われております。

 

更新が完了したら、

画面右下にポップアップで「更新完了しました。」とメッセージが表示されるので、特に気にすることなく他の作業をしていました。

 

と、昨日はちょっと状況が異なり、

ポップアップで「エラー」と表示されるようになっていました。

どうして更新が出来なくなったのか全くもって不明でした。

 

こういう場合、

  • パターンファイルを配布するサーバとの接続が出来ない場合
  • ネットワークがダウンしている
  • 配布サーバが落ちている

上記が考えられますが、自宅回線、ネットワークがダウンしている訳でもなく、

サーバが落ちているという情報もない為、

とりあえず手動更新を試みてみるもののうまくいかず。

 

アプリを起動してホーム画面を見た時、画面上には赤字で

「パターンファイルの更新に失敗しました」

と表示されており、

それはわかってるからどうして更新出来ないのかという事を調べていると

「ネットに繋がっていない可能性があります」

という記述を見つける。

 

いやいや。。ネットは繋がっているからその可能性はあり得ないよ。。

 

「ESET FAMILY SECURITY」を販売している

キヤノンITソリューションズ:ESET Smart Security / ESET NOD32アンチウイルス」のHPからサポート情報からQ&Aを見る事に。

 

「ESET FAMILY SECURITY」を導入する前はトレンドマイクロ社の「ウィルスバスター」を5年以上導入していました。

 

ウィルスバスターはIT企業で務めている時、「サーバープロテクト」というソフトを導入していたりと、

 

このソフトはパターンファイルを手動導入出来たので、「ESET FAMILY SECURITY」も出来るだろうと調べてみましたがそれらしい情報を見つける事が出来ず。

 

はぁ~。。どうしたら良いんだろう。。。

 

あっ!!そうだ。。

困った時は再起動すればいいんだ!!

Windowsは固まったら再起動。

なぜかその事が頭の片隅にあったので、再起動する事2回。

パターンファイルの更新はできず。

 

あぁ~~! もう無理。

この作業をしている時間は夜の1時過ぎ。

もうね、眠すぎて考える事が出来なくなってしまったので今日は一旦放置し、次の日にもう一度試みてみよう。そう思い、就寝。。

 

「ESET FAMILY SECURITY」

1ライセンスで5台、パソコンやandroid端末(tabletも含む)に導入する事が出来るという事で、自分のような複数台所有しているユーザーにとっては台数毎のライセンス購入を抑える事が出来るのでキタコレ的な感じで今回3年契約でネット購入しました。

 

以前導入していた「ウィルスバスター」を辞めてまで、「ESET FAMILY SECURITY」にしたのか?

 

それは、パソコンの動作が軽くなるから。これ1択です。

初期の「ウィルスバスター」はメジャーで駆除率も高かったので導入していましたが、バージョンアップをするにしたがって動作がだんだん重くなり、以前使っていたWindowsXPのパソコンではもうストレスの塊となってしまったので、何かいいものはないかと探していたら現在使っているソフトにたどり着きました。

 

聞いた事無いソフトでしたが、「ウィルスセキュリティー」よりも性能がよく動作が軽いので速攻変更した訳です。

 

今回インストールしているハードは

・メインPC[Windows8 Pro](パターンファイル更新不可)

・ファイルメーカー開発用PC[Windows7 Pro]

・現在故障中のサブPC[WindowsXP]

・両親が使うノートPC[Windows7 Home]

・自分が使うXperiaZ SO-02E[android4.1.2]

 

今現在、サブPCは故障中という事でパターンファイルの確認が出来るハードはファイルメーカー開発用PCが手元にある為、そちらで確認する事に。

 

 確認した所、パターンファイルは更新されているようなので、メインPCがおかしいと判断。やっぱり更新が出来ないので検索条件を変えて調べる事にしました。すると以下サイトにたどり着く事が出来ました。

あすのば。: ウィルス定義ファイルの更新に失敗する

ふむふむ、パターンファイルが壊れる事があるのか~。

今まで使用していたけど、そういった事なかったからな~とか思いつつ、書かれている通りに操作しようと思ったら、

通常アップデート(U)テストモード(P) に変更する」

という項目がありませんでした。

 

どうも画面上のバージョンが異なるようで、どうしたものかっと思っていましたが、その下にあった、「アップデートキャッシュを削除」ボタンをとりあえず押してみて、再度更新を掛けて見たら・・・、

 

うまくいったよ!!

 

なぁーんだ。簡単じゃないか。

 

とりあえず、パターンファイルが更新出来たからウィルススキャンでもやっておこうかな。そう思って更新後、バックグランド状態にしてフルスキャンで放置する事数時間後、スキャンが終了していたので、ログを確認すると、

 

f:id:katsuinoran:20130612001155p:plain

 あれ?

感染数と駆除数が「0」じゃない・・・。

 

もうね、血の気が引きました・・・。

 

急いで詳細ログを確認したまでは良いんですが、

f:id:katsuinoran:20130612001532p:plain

 

膨大過ぎて何に感染しているかわかりません。右下のほうに「フィルタ」ボタンがあったんので、フィルタしてみると、

f:id:katsuinoran:20130612001833p:plain

なんでしょうね?この「yontoo-c2.exe」という物は。。

 

これも調べてみると以下サイトに情報がありました。

Yontoo削除アンインストール方法 ブラウザ邪魔広告表示アドオンアドウェア

 

この情報からだとこの「yontoo-c2.exe」という物は、「Yontooアドオンはウイルスではなく広告的なアドウェアといった分類」というものらしい。

 

はぁ~。よかったぁ~。。まさか、自分が感染するなんて思っても見ませんでした。

 

なので、スケジュールを組んで毎日ウィルスチェックするように先ほど設定しました。前の環境ではスケジュールをセットしていたんですが、新しいパソコンに変えてから設定を入れるのを忘れていたようで、本当に気を付けなくてはと感じました。

 

しかし、なんでこのようなものが入ったのか・・・。心当たりはあったりするんですけどね・・・。(苦笑)